インプラントが受けられない

インプラントが受けられない場合

インプラントが受けられない場合

インプラントが受けられない?!

 

インプラントは歯茎を切り開いて、なおかつあごの骨にインプラントを埋める手術が必要となっており、特に全身の疾患を持っている人だと体に対して大きな負荷がかかることからインプラント施術を受けることができないことがあります。

 

糖尿病を持っている人は基本的にインプラント施術を受けることができないことになっており、これは血液の循環が悪く、なおかつ細菌に感染しやすい状態が理由としてあり、特に主治医の指示に従って通院して治療を受けてない場合や血糖値がコントロールできてない場合だとインプラントの治療を受けることは難しくなります。

 

血液の循環が関係しているのは栄養や酸素を体の各場所に対して効率的に供給することが難しいことが理由になっており、免疫力の低下によって傷口から感染を広げてしまうことがあります。

 

他にもインプラントは心臓病を持っている人だと施術が受けられないのですが、これは心臓発作を起こすリスクを手術によって高めてしまうことが理由になっており、心筋梗塞や狭心症などの症状が見られる場合は歯科の治療自体を見直す必要性が出てきます。

 

インプラントは手軽に行うことができるというイメージを持っている人も少なくないのですが、体にかける負担は思いのほか、大きくなっているので手術を受ける場合は注意する必要も出てきます。

 

また、肝臓病を患っている場合だと肝機能障害によってインプラントの施術を受けた後に血液が止まらなくなってしまうなどのトラブルになるので注意が必要です。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ