歯の健康

歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病という病気は歯茎に現れる症状の一つで、通常であれば歯茎というのはきれいなピンク色をしているのが普通ですが、歯肉炎と呼ばれる歯周病の軽度な症状が現れるようになると歯茎は赤っぽくなって出血を伴うようになります。
歯磨きをしていて出血しているのは歯茎の炎症が原因になっているのですが、この状態が続いてしまうと歯周病に移行して歯を支えている骨が溶かされることになり、最終的に支えが無くなって膿が出てくるようになります。

 

このような症状が起こる原因になっているのが磨き残しによる清掃不良で、歯の周辺の組織が破壊されることによって進行していく病気になっているので日頃からしっかり歯の健康を意識して歯周病の予防をすることが大切です。
インプラントをして虫歯予防をする人も最近は増えていますが、インプラントをすることによってインプラント周囲炎と呼ばれる症状が起こるケースがあり、これも歯周病の一つとして知られています。

 

通常であればチタンとセミラックによって作られているため、虫歯になるということはないのですが、インプラント埋入している部分の周辺には自分自身の歯茎があり、磨き残しがある場合はプラークが蓄積されてしまいます。

 

 

このようにインプラントをしているからといって歯の健康を維持することができるというわけではないので施術を受ける場合は歯にかかってくる負担などを考慮して歯のトラブルにならないように意識的に心がける必要性も出てきます。

関連ページ

基本はやっぱり歯磨き!
せっかくだから歯の健康についての豆知識もどうぞ!基本はやっぱり歯磨きです!
歯の大切さ
歯の大切さについて。
虫歯
せっかくだから歯の健康についての豆知識もどうぞ!虫歯について
定期健診が大切!
せっかくだから歯の健康についての豆知識もどうぞ!歯にも定期検診が大切です!
口臭との関係
せっかくだから歯の健康についての豆知識もどうぞ!
全身との関わり
せっかくだから歯の健康についての豆知識もどうぞ!
歯とストレスの関係
せっかくだから歯の健康についての豆知識もどうぞ!

ホーム RSS購読 サイトマップ